ホ別苺

ホ別苺というのは、わたしみたいなマッサージの仕事をしている側にとっては、なじみのある額ですね。わたしは、ラブホテルも含めていろんなところにマッサージの仕事をしにいきます。
これは、もう常識になってますけど、普通のマッサージをしたあと、男性の求めがあれば、性的なサービスもします。時には、こちらから「ここはどうですか?」などと言って、男性の性器を触ったりしてセールスします。
マッサージ料金以外の性的サービスの値段は、まちまちなんですけど、値段交渉とかは面倒だし、競争で安くなったりしますので、ある程度決まっています。それが苺です。これは若い人でも、わたしみたいな中年でも同じです。
セックスはしませんが、上は脱いでおっぱいくらいは見せて触らせてあげます。それで、手と口で射精させてあげます。今日はストロベリーが2回、なんて仲間同士で話すこともあります。もう、みんなやってますから。そんなに恥ずかしいことではないです。もちろん、店の人間の前ではいいませんけどね(笑)。
ホ別
新人のマッサージ師女性が来たら、それとなく、みんなで教えてあげます。そういう誘いはお客さんからくることもあるから、もし応じる場合は、イチゴだよって。お客さんの中にも、イチゴたのめますか? っていう人もいますよ。
「ちゃんと洗ってるし、病気もないから、プラス0.5で生でしてくれ」なんて人もいますね。常連さんで指名してくれる人には断りにくいです(笑)。
苺は高すぎるなんてひともいますよ。そういうときは、だいたい決まってる値段なので無理なんです。仕事できなくなるし、なんて言い訳して納得してもらうか、断るかですね。
マッサージ料金と一緒で苺と勝手に言う人もいますね(笑)。わたしより年配の人だとその値段でしてしまう人もいるみたいですね。まあ、お金にうるさそうな人はだいたいマッサージしててわかりますからわたしの場合は、そもそも苺サービスはしません。

JKと円光する
JKと円光する